事業内容について

事業目的

私たち北海道スポーツアカデミーは、『北海道からプロアスリートを輩出』
『スポーツを通した人材育成』、『スポーツによる地域の活性化』を目的としています。

北海道の子ども達に於ける体力低下は、昨今の大きな社会的問題になってきています。

スポーツには健全な子供を育てる身体的な力、仲間と共に共通の目標に向かい協力をしていくという心の教育、
双方の側面を持つと当社は考え、スポーツを通して人間力の高い人材の育成を目指します。

そして、その講師役にはスポーツを通して夢を掴んだ現役プロ野球選手、
プロサッカー選手、各種スポーツ現役プロ選手、OB等の一流の技術を
持った方々を当社にて招聘し、その指導を受け将来の夢や希望を子供達に
与えることを目指します。

その夢や希望が目標となり努力を重ね実現への第一歩となるようサポートをしていきます。

また、道内各地域でもスポーツイベントを開催し、子ども体力低下の抑制、健康促進、各種競技スポーツの活性化に繋げます。

事業内容

1.チーム・スクールの運営
2.スポーツイベントの企画・運営
3.スポーツ施設の管理・運営
4.遠隔地・離島のスポーツ指導環境の整備
5.講演会の企画・運営
6.プロアスリートのセカンドキャリアの構築

スポーツ・地域・一般企業の連携

スポーツと地域、企業が連携する事により、より多くの子どもたちに夢と希望を与える
機会を増やすことができます。
企業様には地域貢献、子どもたちへの投資として協賛会社・パートナーとなって頂くことで
『北海道からプロアスリートの輩出』、『人材育成』を弊社と共に行って頂きたいのです。

アスリート育成において、現在立証されている練習・トレーニング方法はまだまだ
広まっておりません。地域のスポーツチーム指導は保護者のボランティア
部活動は学校の教員と各指導者は本業がある中でスポーツ指導をも行っている状況です。
その様な中で指導者が最新のスポーツ指導を勉強し伝えるには限界があります。
私たちは、その知識・指導力を提供するだけでなく、企業様、各地域との連携を図ることで
より多くの子どもたちに指導が行き届く環境を作り、飛躍的に北海道のスポーツ力を上げます。

アスリート循環システム

アスリートの皆さんは、現役時代にスポーツを通して、たくさんの楽しみや感動を与えてくれます。
しかし、アスリートの寿命は通常の会社員と比べると非常に短いだけではなく、
企業への再就職も難しいのが現状です。

こうした現状を打破し、さらには『地域の活性化』に繋げるべく、
私たちHSAはセカンドキャリアの構築により『アスリート循環システム』を生み出します。

遠隔地・離島への指導環境の整備

北海道にある広大な土地の中、
『本格的な指導を受ける機会がない』ことや『プロアスリートが遠い存在』となり、
基礎体力や実力は十分に持ちながらも実力を発揮出来ずに、
アスリートという夢を諦めてしまう子どもたちも多くいます。

特に離島に関しては、人口減少に伴いスポーツ人口の減少にも著しく影響が出ています。

子どもたちにはどこに住んでいても、インターネットを通して『本格的な指導』が受けられ、
自身の能力を高め、実力を発揮できる環境の整備を目指します。

過去の活動実績

実施統計・実施風景

賛同選手一覧

会社概要

会社名

一般社団法人 北海道スポーツアカデミー

代表者

理事 佐藤 響一

お問い合わせ

事務長 川村 桃子

E-mail :mom_2323@icloud.com

TEL: 080-4042-1512